天下統一スマッシュが突然のサービス終了

天下統一スマッシュが2015年の12月をもってサービス終了となるそうです。これまで大勢の人達を楽しませていただけに、本当に残念なお知らせですね。どんなに面白いゲームでもいつかはこの様な最期を迎えるというのは仕方がないですが、あまりにも唐突であったためにユーザーには驚きが広がっている様です。

11月時点でダイヤの購入が終了しましたので、この様になるのは仕方がなかったのかもしれません。ただ、終了するとは言っても形を変えての再スタートという可能性もあるので、あまり悲観的になる事はないでしょう。私の予測では、ほぼ同じ内容のゲームが配信されるだろうと見込んでいます。

天下統一がテーマになっていますから、全国各地の名物が沢山登場するのが素晴らしいんですよね。お城とかが好きな人には特にやってもらいたいです。あと、歴史の勉強をしている人なんかにもオススメですね。この食べ物はここの名産品だったんだと改めて気付かされることの多さに驚くでしょう。

最初に自分の都道府県を選択します。東京都だったら東京を選ぶ訳ですね。その後は同じ都道府県の人達と協力をして天下統一を目指すという事になります。昔の人もそうですけど、人間というのは戦って頂点を目指したがるものなのでしょうか。しかし、現実の世界でそんな事をしたら逮捕されますから、天下統一スマッシュで楽しむというのが丁度良いでしょう。

さて、天下統一スマッシュなのですが、まだまだ未公開のグラフィックがあるとの事ですので、それを徐々に公開して行きたいと公式ツイッターで発表していました。期待が大きかっただけに残念ですが、ファンの方はこちらの方を見る楽しみが出来た訳でして、当面はプレイの余韻に浸ることができそうです。完全にサービス停止になる前にできればプレイをしておきましょう。本当の意味で期間限定のスマホアプリですから、このチャンスを絶対に逃さないようにしたい所ですよね。


モン娘は~れむで自分好みの女の子と仲良くなろう

戦闘メインで進めていくためRPGのカテゴリに入るのかもしれませんが、結構ジャンルにとらわれず色々な要素を取り入れていてモン娘は~れむは流行っているゲームのいい所をうまく吸収していると思います。それでいて萌え系ゲームを軽く遊びたい人向けにストーリーやキャラクターを合わせているから、ハマる人は物凄くハマるでしょうし作り方をしっかり考えられているようです。キャラクターを愛でることを売りにしたスマホゲームは数多くあっても、男女両方のユーザーを獲得したいのかイケメンキャラが混ざっているものが少なくないのにモン娘は~れむは違います。ちゃんと特定の層に気に入ってもらえるように女キャラしかでてこないので、名前のとおり自分だけの理想のハーレムが作れるのです。

紹介ページでは戦闘画面のSSが掲載されていることが多いので一見してそういった世界なのかと思いきや、スキルを使うとき以外はオートで進めるのでブラウザゲーム風の流れを意識している感じです。だから、このゲームの肝は当然のことながら女の子たちといかに親しくなるかということで、恋愛シミュレーションチックな画面で仲良くなる部分のほうがメインといえるのではないでしょうか。名前にモン娘と入っているからホラーゲームっぽさを覚える人もいるかもしれないけれど、実はモンスターというよりも萌えに見た目のステータスを9割振ったような状態だから、普通の女の子みたいで万人受けしそうなイラストになっています。

そういった特徴があるので、普通のテンプレ化した女の子に飽き飽きしていた人が遊ぶと、他とはちょっと違ったテイストに惹かれてさらに楽しさがわかるはずです。キャラが数百人とこの種のアプリではかなり多いほうでそれぞれに仲良くなれるパートが備わっているから、家庭用ゲームよりも気合の入ったクオリティのように見えます。自分自身のポジションが本来悪役とされる魔王というのも面白く、それゆえに女の子と仲良くなると普段できないことが可能になったりもするのです。


美少女ゲーム誌の企画がゲームになった

ラブライブが好きな男の人が増えているとは聞いていましたけど、まさかここまでとは思ってもいませんでした。まぁ無料で遊べるゲームですから、それなりの人数にはなると思いますが、他と比較してもかなりの差が開いているのです。

これは元々はG’sマガジンという月刊の美少女ゲーム系雑誌の企画で生まれたらしいです。昔からこの雑誌ではそういう企画みたいなのを出していた印象があるんですけど、これはそれまでの中で一番の大ヒットではないかと思います。私も昔は買っていたんですけど、最近は卒業してしまったのでご無沙汰していたのですが、いつの間にやら大きな動きが起きていたようですね。

キャラの造形なんかを見てみると、全体的に似ているなぁという感じがします。これは同じ人が描いているのもありますが、近頃のアイドルなんかも影響していると思います。今時のアイドルは皆同じ様な感じの服を着る事が多いですよね。なので、差別化するのが難しいのだと思います。ただ、その割にはキャラの描き分けはできているので人気が出るのも当然だろうなという感じです。

その中で東條希はスタイルもバツグンという感じなので、個人的には好みです。スマホゲームのラブライブのサイトを見てみると水着の画像が見つからなかったので、ハッキリとした事は言えないのですが、制服姿を見る限りではそういう印象を受けました。美少女が登場するゲームでは昔からそうですけど、色々なタイプの女の子を取りそろえておいた方が良いんですよね。やっぱり人によって好みの差が大きいですから、制作サイドがこれが良いと言っても、受け手が同じ様に感じてくれるとは限らないので。

ゲーム的には、タイミング良く押すというリズム系となります。アイドル育成が主要な目的ですから、これは必然的な流れかと思います。ラブライブはスマホだけでなくあらゆる分野に展開しているので、そちらの方も合わせて楽しんで頂ければなと思います。


天下統一スマッシュで色々なパーティーに参加して楽しむ

天下統一スマッシュのキャラは、本当に素敵です。報酬も貰えちゃうから、ますます興奮しちゃいますね。そんな天下統一スマッシュでは、予約をするとますます楽しいのです。なんと、全国の県には色々なキャラクターが登場します。その中でも、かなりなレアなキャラがたくさんいます。中でも広島県の広島風お好み焼きちゃんが面白いところです。自分もお好み焼きが好きですから、本当に興味が惹かれます。

他にも、長野県のミシャグジ様というのが面白いところです。名前からしてユニークですもんね。何だろうと思わずこのキャラでプレイをしてみたくなりますね。長野県にもとっても興味がわくキャラです。長崎県では天草四郎がとっても有名ですが、まさかこの天下統一スマッシュにも出てくるとは思いませんでした。でも、出てくるのです。和歌山県には八咫烏 という名前がユニークなキャラもいます。このキャラはなんだか鳥をイメージしているようなんですね。群馬県と言えば、遺産にも登録された富岡製糸場ですが、このゲームにも登場するのが驚きます。なんだか、歴史の勉強にもなるゲームですね。

他にも楽しいのは、ご当地の美食パーティーです。確かに、ご当地には色々な美味しい食べ物がありますね。それをパーティー形式で楽しめるんですから、ますます興味深々です。
しかも、近代偉人パーティーもあります。まさか、近代の偉人と楽しいパーティーができるとは思いますが、このゲームの中ではやれちゃうのです。色々な偉人に出会い、楽しくパーティーができれば、よりその偉人の名前も覚えることができるでしょう。

他にも楽しいのが、オリジナルのパーティーができるところです。そのパーティーでは、自分がこうしたいという内容の楽しいパーティーを考えてはみんなを招待すればいいのです。
またこの天下統一スマッシュでは、各県の人と交流ができちゃうんです。掲示板があるので、その掲示板で好きなように交流をしては、楽しめるゲームです。


期待大の新作アプリ天下統一スマッシュ

天下統一スマッシュは日本全国のご当地名産などがなんと300種類以上の擬人化キャラとなって登場します。特産品から、観光地まで、また歴史の偉人や、妖怪なんてものも擬人化されています。さらにとても目新しいシステムですが、キャラの育成上限が設定されていないとのことで、気に入ったものをどこまでも育てていけるというのがすごいところです。とっても弱そうな初期キャラでもとことん育成していけばヤマタノオロチも倒せるということです。これはやる気が出てきますね。

ゲームをスタートするとまずはお気に入りの県を選びます。そして日本各地を巡っていって、ご当地のキャラたちを集めていきます。
例を挙げると、広島県はやっぱりというか、お好み焼きが登場します。とても美味しそうでしっかり焼きそばが入ってます。そして、新潟県からの上杉謙信、宮城県より伊達政宗も手に入ったらうれしいですね。なんと群馬県から富岡製糸場さんといったキャラがいたり、北海道からコロポックルという妖精が登場します。へえ、この名物はこの県だったんだと雑学まで学べてしまいます。受験生にもいいかもしれませんね。観光地で固めた旅好きパーティも、名物のお食事でパーティを作ってもよし、戦国武将を固めるのも楽しそうです。

パーティを組んで育成をしたら、自分の愛着のある県が、全国のランキングの中で上位に上がっていくように他の県に所属するプレイヤーとバトルをしていきます。バトルの操作はとても簡単で、引っ張ってぶつかっていく、というシンプルなものです。引っ張る角度を工夫すると上手く攻撃ができます。オート機能もあるので、気軽に楽しめるのがメリットです。

しかしこのランキング制というのは、もし自分が愛着がある都道府県が最下位になってしまって、しかも万年最下位で抜け出せなくなったらどんな感じになるのでしょうか。逆に燃えてくるのかもしれません。
いずれにせよ、天下統一スマッシュは目を見張る新しい要素が満載で、今後の展開が楽しみなアプリです。


今どきの子どもは天下統一スマッシュで日本史を学びます

日本史オタクの私にはうってつけのスマホゲームがリリースされましたね。天下統一スマッシュです。このゲーム、歴史上の偉人や日本全国各地のご当地名物がキャラクター化されているのですが、私のように日本史についての本を読むのが大好きな人間にとっては、こんなにも愉快なゲームはまたとありません。天下統一スマッシュは日本史の勉強にもなるので、子どもたちもどんどんプレイすると良いんじゃないかなと思います。

私が天下統一スマッシュの中でも最も気に入ってるキャラクターは島根県の湯町カマンです。おそらく、このキャラクターは島根県にある名工・湯町窯をモチーフとしているのでしょう。湯町窯といえば、宍道湖で採掘される岩石を利用した黄釉のあたたかさで有名な焼き物の窯元ですが、私も湯町窯のお皿や湯呑みをたくさん所有しています。私の日常にすっかり溶け込んでいる湯町窯の器ですが、今度は天下統一スマッシュのおかげでゲームの中でも慣れ親しむことができるようになりました。これがなんだかおかしくて、私は思わずクスッと笑ってしまいます。民藝の名窯元をキャラクター化するとは、このゲームの制作陣はなかなか洒落ているな~と感心してしまうのです。

他にも色々と洒落た偉人・名作をキャラクター化しているのが、このゲームの最大の魅力です。このゲームで「付藻茄子」の存在を知ったという小学生なども多いのではないでしょうか?付藻茄子は数々の歴史的偉人に受け継がれてきたお茶入れですが、これは二子玉川の静嘉堂文庫美術館で鑑賞することができますよ。ゲームがきっかけでもよいので、日本の伝統文化に関心を示す子どもたちが少しでも増えてくれるといいな~と思います。このゲームにはそういった教育的側面があることを、私はとてもうれしく思っています。

天下統一スマッシュは日本及び日本史をテーマとしたゲームですが、今度は世界をテーマにした似たようなゲームも開発されて欲しいところです。それをプレイすれば世界史が分かるようになるというようなゲーム。そんなゲームがあれば、子どもたちにとっても大人にとっても幸いだと思うのですがどうでしょうか?


日本全国を巡って天下統一の第一歩

 今までやっていたゲームに飽きてから、しばらくスマホゲームからは離れていたのですが、たまたまネットサーフィンの途中で見つけたこのゲームに目が留まりました。天下統一というと戦国時代に武将たちが日本全国でわらわらと戦って、刀と槍で切りあって血しぶきが飛び鉄砲で次々となぎ倒されていきます。勝った方は大抵負けた方をさらし首に…ってもっと男臭いのを想像していたのですが、キャラがとってもかわいい…。桃太郎とかもいるのですね。

こうしたキャラクターたちが日本全国にたくさんいて、各地を巡りながら集めていくゲームなのですね。桃太郎っていうことは岡山県ですね。長野県はワインさん、長野はワインが有名ですもんね。私の出身の北海道は何でしょうか、どれどれ…。なんとヒグマでした。まあ確かに有名ですね。ちょっと怖いけど強そうですね。大阪のたこ焼きちゃんよりは絶対強いと思います。たこ焼きは大好きだけど。こうした各地の伝承とか特産物にちなんだキャラクターがバトルするのがこの天下統一スマッシュなのです。

バトルの形式は2次元横スクロール式のアクションゲームです。昔はよくこんなゲームで遊んだな~とか思いながら早速ゲームを開始しました。4体のキャラクターを組み合わせてチームを組んでバトルをしてどんどんクエストを進めていきます。このゲームは友人と4人でチームを作ることも可能です。各人最強のキャラクターを用意してクエストをサクサク進めていきましょう。まだ始めたばかりなので何とも言えませんが、もう少しキャラクターが育つと4対4のバトルを他のプレイヤーと一緒にしても良いのかなと思っています。

私のお気に入りは秋田県のなまはげです。顔こわい…どこ見てるのかわからない…。でも絶対攻撃力は高そうです。実は来月秋田県に行くことがあるので、ぜひその時になまはげゲットしたいです。こんなゲームの天下統一スマッシュはたくさんの人が参加してくれるともっともっと楽しくなるゲームです。ぜんひみなさんも一緒にどうですか~。


天下統一スマッシュによって日本史は完成された

運動不足です。デスクワークですし、車で通勤しているので、身体を動かす機会が殆どないのです。せめて休日くらいは動きたいのですが、ネットでお出かけ情報を見ているだけでお腹一杯になり、外出する気が失せます。最近は「世界の絶景100」とかそういう類の情報が流行っていますが、ああいうのを見てしまうと、かえって旅をする気が失せてしまうように思うのですが、どうなのでしょう?情報社会では、実際に経験するということが軽視されるようになりました。

ネットで充足してしまうため、旅をしなくなった時代…。それが現在です。しかし、そんな時代の雰囲気を打ち壊すスマートフォンのゲームを最近見つけました。その名を「天下統一スマッシュ」と言います。その最大の特徴は、現在と過去のあいだに相関性を持たせたゲームだということです。天下統一スマッシュを遊ぶためには、現在を知り過去を学ばなければなりません。

天下統一スマッシュはご当地名物をテーマとしたゲームですので、現在のご当地グルメや過去の偉人などを知っていると、よし楽しむことができるのです。勉強しない者は、このゲームを十分に楽しめません。活発に勉強する者だけがこのゲームで溜飲を下げることができます。イングレスは現在と過去を重ねあわせた、今までにないゲームだと思います。

こんなゲームの登場をずっと待っていた気がします。既存のゲームには、虚しさがつきまとっていました。それは、既存のゲームが現実と関わりのない仮想世界を舞台としていたからです。しかし、天下統一スマッシュには現実性があります。だから、このゲームをプレイすると、旅をしたかのような身体の喜びがあるのです。天下統一スマッシュのおかげで、私の運動不足も解消されました。それに、現実空間がゲーム空間のように思えてきて、毎日が楽しくなりました。このゲームはそのような認識の革命をもたらすゲームであります。運動不足だったり、仮想空間に飽きていた人にはオススメしたいゲームです。


愛知県のキャラがとってもキュートで素敵な天下統一スマッシュ

とってもお城が素敵な天下統一スマッシュなら、県と県の対立を楽しむことができます。自分の友人と楽しくチームを組んでやるのもいいですし、まったく知らない人とチームを組んでは戦うのがポイントです。

しかも、対人戦なので、そこも面白いのです。とにかく戦いを挑むのがですが、どの県も自分のライバルです。
好きな県を選らんでおいて、その県の魅力を知っておけば、ますます戦いにも気合が入りますね。

そのご当地キャラの良いところなども知っておくと、愛着がわきます。その愛着がわけば、より戦いに力が入るのです。

スキルを自分でチェックしては把握しておいたり、守備能力などもチェックしておけば、より素敵に戦えます。又、特攻もできるので、その担当をする人をチーム内で決めておくだけでも、よりサクサクっとゲームを進めることができますよ。

とにかくこの天下統一スマッシュでは、戦略を立てることが大事なのです。

又、この天下統一スマッシュは、ギミックで相手を妨害してはダメージをくらわすこともできます。それに、スキルもとっても多彩です。そのスキルは、見ている方を興奮させるほどに豪華です。そのスキルが高くなればなるほど、驚くほどに自分のコンボも上がっていくのです。

3Pというものができたり、2P、4Pということもできて、ますます敵を楽しくバッサバッサと倒すことができます。

そんなゲームには、色々なキャラが出てきますが、中でも可愛いと思うのが、ひつまぶしのキャラクターですね。緑色の着物がとってもおしゃれで、しかも目がクリクリとしている女の子です。愛知県のキャラですが、桶にご飯が入っていて、ウナギも入っています。

その中にそんな女の子が入っているのですが、まるでおかしな姿にどきどきしちゃいますね。蒲焼が頭から背中にかけてのっているのですが、葱が散らばっている感じが、とってもおしゃれです。その姿がまるで花魁のようで、とっても素敵です。

歌舞伎役者にも似ていて、豪華絢爛な容姿が素敵です。


教養を学べる天下統一スマッシュはスマホゲームの希望

私は骨董が好きなのですが、骨董を愛でるためには審美眼を鍛えなければなりません。そのため毎週末のように骨董屋に通い、買いもしないのに店内をふらつき、骨董の良し悪しを見定める訓練をしています。

そこで思うのですが、骨董屋に通わずとも骨董への造詣を深める方法はないものでしょうか?いっそのこと、骨董をテーマにしたスマートフォンのゲームでもあればいいのになと思います。絵唐津や斑唐津、朝鮮唐津、三島唐津、粉引唐津などの写真を並べて、どれが左党垂涎の器であるかを当てよ、みたいなゲームがあればいいと思うわけです。あるいは、李朝青磁の窯元を当てるゲームとか。目利きな骨董愛好家は一瞥して、道馬里窯とか金沙里窯、分院里窯と当ててしまうそうです。そういう鑑識眼を私も身につけたい。そんな鍛錬がスマホでできたら素敵だなと思います。

しかし問題があります。情報化がこれだけ進展しているというのに、骨董品はカタログ化が全然進んでないのです。というのも、美術品であるならば美術館が所蔵するわけなので、カタログ化することも簡単なわけですが、骨董品は骨董マニアが家の中に抱え込んでしまっているため、その存在が世に公にされにくいのです。斑唐津の名品はとある骨董館が大量に秘蔵しているそうですが、その収集家の名前すらも公的には秘密扱いされているのですから、その作品群が夜に知らしめられることなんて夢のまた夢です。どうも骨董愛好家は自分たちが愛でている対象を世界に向けて自慢することを野暮だと考えているようです。下手に公表して美術品指定でもされ、美術館に没収されてしまっては、たまったもんじゃないと考えているのでしょうか?骨董ファンの端くれとしては、とても残念です。

スマートフォンはとても便利ですが、そこにあるアプリやゲームはお手軽なものが多くて、真に教養的なものはあまりないように感じます。現在唯一奮闘しているのは天下統一スマッシュくらいのものでしょう。天下統一スマッシュは歴史的教養をテーマとしたキャラクターゲームですが、未来のスマホゲームは天下統一スマッシュのようにプレイヤーの教養を高める方向性に歩むべきだと思います。


1 2 3 4 5