2015年09月 一覧

天下統一スマッシュにはどのような魅力があるか

天下統一スマッシュは、非常に珍しいゲームの1つです。なぜならそのスマホゲームは、日本の地域性がテーマになっているからです。
そのゲームの舞台には、日本全国になります。そしてそれぞれの地域に、所定のキャラクターがいるのですね。そのキャラクターが非常に個性的なのですが、ある意味それはそのスマホゲームの魅力の1つと言えるでしょう。
例えば大阪地域の場合は、たこ焼きをテーマにしたキャラクターが登場します。とても魅力的な風貌をしているキャラクターなのですが、実に地域性がよく反映されていますね。
そうかと思えば福岡地域の場合は、ラーメンをテーマにしたキャラクターが登場するのですね。福岡の場合は明太子などが有名ですが、それを前面に押し出している女の子キャラクターが登場します。
また長野地域の場合は、ワインをテーマにしたキャラクターが出てくるのです。ちなみにワインの中でも、主にブドウをテーマにしたものになります。長野と言えば、ブドウが非常に有名なのですが。
このように天下統一スマッシュには、それぞれの地域にマッチしているキャラクターが多く登場するのが特徴的です。なかなか見かけないゲームですね。
またゲームには、パーティーという要素があるでしょう。いわゆる仲間を組む訳ですが、そのパーティーの育成要素も、このスマホゲームの魅力の1つになります。時には非常に強いキャラを育成する事もできるのですから、何かを育てたいという願望がある方にとっては、非常に魅力的なシステムだと思います。
なお天下統一スマッシュは、自由度の高さにも魅力があります。いくらパーティーを育成できると言っても、余り自由度は高くないと、育成できる要素も限られてくるでしょう。しかしこのスマホゲームではとても自由度は高い為、カスタマイズ性が優れている訳ですね。ある意味それは、このゲームの良さの一つだと思います。
すなわち登場キャラクターの育成と、自由度の高さという2点が、天下統一スマッシュの主な魅力です。


アイマススターライトステージを始める時の注意点です

アイドル育成音ゲーのアイドルマスターシンデレラガールズスターライトステージを早速遊んでみました。音ゲー初心者やアイドルマスター初心者の皆さんは、こういったゲームをいったいどのように進めていけば良いのか戸惑ってしまうかもしれません。しかしご安心ください。私も初心者の一人ですが、ここ数日みっちりとアイドルマスターシンデレラガールズスターライトステージを予習プレイしましたので、少なからず先人としてレクチャーできると自負しております。まず、ソーシャルゲームにありがちな要素なのですが、この手のゲームはログインボーナスというシステムが搭載されています。その名前の通りに、ログインするとボーナスが入ってきます。だいたいはゲームの中で有効なアイテムやお金を無料で貰うことができます。日数をこなしていくたびに、アイテムが無料でもらえてしまうのです。しかも運営さんが太っ腹な場合は、なんとリアルマネーを使わないと手に入らない有料アイテムが貰えたりしちゃいます。気になる人は気になりますよね、アイドルマスターシンデレラガールズスターライトステージは有料アイテムが貰えるのか?という問題です。もちろん、貰えます。これは嬉しいですよね。貰える有料アイテムはジュエルというアイテムなのですが、このジュエルは250個集めることでゲーム内のガシャというシステムを利用することができます。ガシャというのは、ガチャみたいなもので、RとSRとSSRというレア以上のアイドルを手に入れることができます。ということで、初心者さんがまずやるべきことはログインボーナスを貰うことです。何もゲームを毎日何時間も遊ぶ必要はないのです。毎日ログイン、つまり起動だけでもしてアイテムだけ貰えばいいのです。中にはこのログインボーナスだけを貰い続けて、ガチャをしてレアだけ引いて遊ぶというコアなユーザーさんもいらっしゃいます。それくらい有料で手に入るレアキャラクターが貴重なんでしょうね。私はそのようなコアなプレイはしたことありませんが、ログインボーナスはかかさず貰ってゲームプレイを快適にしていますよ。


天下統一スマッシュは日本一を目指して育成するのが面白い

天下統一スマッシュは、北海道から沖縄まで、実に様々な都道府県のご当地キャラクターを育成しては遊べるという面白いゲームです。

可愛いポリスの格好をした女の子や、オヘソ丸出しの茶髪が可愛い女の子、獅子のような見た目をした面白い動物、茶摘みの格好をした目の大きな女の子、凛々しい袴姿の男の子、ナポレオンのような格好をした髭の凛々しい男性、独眼竜のようなコスチュームを着たキャラ、弁慶とモンスターを合わせたような格好をしたキャラなど、実にそのご当地を表したキャラクターがたくさん出てくるのが楽しいところです。

女性も男性もその魅力あるキャラクターにハマっては、ますます楽しめるゲームになっています。自分が好きなキャラクターを見つけ、育成してあげれば、より魅力的なキャラとなります。強く、格好良いアクションを繰り広げてくれるのです。そして、他県のキャラクターとバトルをすることができるのが最高に面白いのです。自分が育てたキャラがますます勝つことで強くなり、負けてもまた育成に力を注ぐのです。

育成すればするほど、そのキャラに愛着がわきます。日本一になるべく、いかに勝てるかを考えて育成するのがポイントです。

この天下統一スマッシュで楽しいのは、県広場という掲示板で情報を集めたり、コミュニケーションができるところです。次の試合に備えてのアドバイスを貰ったり、どうやったらより強くできるかのアドバイスなども貰うことができたりするのです。ちょっとした友人を見つけることができたりと、プレイヤーも楽しめる掲示板です。

天下統一スマッシュでは、自分好みのキャラに育成し、多彩なスキルで格好良く相手を倒すのが楽しいゲームでもあります。華麗に決めたら、キメ顔をする姿を見るのもワクワクするところです。みんなで団結をし、共闘することもできます。そして、全国対戦に挑み、ますますバトルの楽しさを広げていくことができます。

特産品の魅力も知ることもできる、とっても楽しいゲームです。


地域性と密着した面白さが魅力の天下統一スマッシュ

昔から天下統一モノというジャンルはゲームの中に多く存在しました。
たとえば、戦国武将に自身がなりきって合戦や治政を行うシミュレーションゲームは、個人的にも大好きで、新作が発売されるたびに購入してはプレイしていたものです。歴史がもともと好きだったという側面も自分の中には存在し、それゆえに有名無名を問わず、多数の戦国武将たちを意のままに操り、指示し、全国を統一していくというゲームには非常に胸が熱くなったものです。
そんな天下統一モノのゲームの中に、新たな作品が加わりました。それが天下統一スマッシュです。このゲームはスマートフォンで手軽に遊ぶことが可能で、プレイするためにはストアにてアプリを各々のスマートフォンにダウンロードしなければなりません。ということは有料なのだろうか…という疑問を抱く方もおられるやも知れませんが、大丈夫です。ダウンロード自体は無料で行えます。もちろんゲームをプレイしていく途中でアプリ内購入という形を以て課金することも可能ですが、基本的に無料でも十分楽しめるゲームとしてこの天下統一スマッシュは登場しました。
天下統一スマッシュの最大の特徴をひとつ挙げるとするならば、単なる天下統一モノではなく、日本全国各地域の「地元」をプッシュしていくという点にとどめを刺します。ご当地大戦という副題がそれを物語っているように、とにかく自分が生活している地元を皆の力で全国一にのし上がらせてゆくというところに、このゲームの妙味が存在します。
プレイヤー一人一人の成績が加味され、大阪ならば大阪が、名古屋ならば名古屋が、全国のランキングの中で上位に昇りつめたり、はたまた下位に下落してしまったりするわけです。そうした地域での連携や密着性を重視し、いわゆる郷土愛をゲームとして昇華させたことが、数ある天下統一系ゲームの中でも特に独特の異彩を放っている所以のひとつと言えるでしょう。また、このジャンルのキモでもあるバトルシーンはアクションゲームが採用されています。そうした部分にもぜひとも注目してみてください。とにかく魅力的なゲームです。


天下統一スマッシュの星5つキャラクター

天下統一スマッシュは県同士で争うという単純なゲームですが、それゆえに、キャラクター選びが重要になります。
リセマラを繰り返して、最初から星5つのキャラクターを引かないと、なかなかゲームを進めることができません。
そこで、おすすめの星5つキャラクターのご紹介です。

北海道・コロポックル
青森・りんごちゃん
岩手・座敷わらし
宮城・伊達政宗
秋田・きりたんぽさん
山形・芋煮さん
福島・新島八重
茨城・タケミカヅチ
栃木・餃子ちゃん
群馬・富岡製糸場さん
埼玉・ひな人形さん
千葉・伊能忠敬
東京・江戸切子ちゃん
神奈川・浦島太郎
新潟・上杉謙信
富山・薬売りくん
石川・前田利家
福井・恐竜化石
山梨・武田信玄
長野・ミシャグジさま
岐阜・水まんじゅうちゃん
静岡・かぐや姫
愛知・ひつまぶしちゃん
三重・アマテラス
滋賀・石田三成
京都・宇治金時ちゃん
大阪・一寸法師
兵庫・大石内蔵助
奈良・柳生十兵衛
和歌山・紀州梅さん
鳥取・因幡の白兎
岡山・ままかり寿司ちゃん
広島・広島風お好み焼きちゃん
山口・アヤカシ
徳島・阿波踊りさん
香川・平賀源内
愛媛・秋山好古
高知・坂本龍馬
福岡・菅原道真
佐賀・唐津くんちさん
長崎・天草四郎
熊本・いきなり団子ちゃん
大分・海地獄温泉さん
宮崎・アメノウズメ
鹿児島・屋久杉さん
沖縄・ゴーヤチャンプルーちゃん
無所属・大和撫子(攻撃)
無所属・大和撫子(守備)
無所属・大和撫子(補助)
無所属・大和撫子(治癒)
無所属・化け狸(攻撃)
無所属・化け狸(守備)
無所属・化け狸(補助)
無所属・化け狸(治癒)
無所属・くノ一(攻撃)
無所属・くノ一(守備)
無所属・くノ一(補助)
無所属・くノ一(治癒)

とにかくリセマラを繰り返して星5つのキャラクターを引きたいところですが、スタートキャンペーンで「ダイヤ20000円分スクラッチキャンペーン」というくじがありました。これでダイヤを当てれば、リセマラせずともガチャ10連発で星5つのキャラクターが出やすいようです。
リセマラを繰り返すよりもキャンペーンを上手く利用した方が良さそうです。


一部のスマホゲームに年齢確認がある理由

スマホゲームは、とても面白いです。現に私も、あるゲームをプレイしています。色々な女の子キャラクターが登場するゲームですが、その娘達が非常に魅力的なので、思わず長らくプレイしてしまうのです。
ところでそのゲームを効率的に進行させようと考えるならば、課金を考慮するのも一法です。課金とは、料金支払いになります。
そのゲームには、様々なアイテムがあるのです。中には無料のアイテムもありますが、もちろん有料のアイテムも見られるのですね。
前者のタイプのアイテムは、ゲームを進行させる上ではとても重要な役割はあります。しかし後者の有料アイテムを用いる方が、もっと効率的にゲームが進む事が多いのですね。無料アイテムでゲームが進む度合いが1だとすると、有料アイテムの場合は3などの具合です。高価なアイテムなどは、10ぐらい進む事もあります。
ですのでゲームをいち早くクリアしたいと考えるならば、有料アイテムを購入する事を検討するのも一法です。ただし、当然ながらその金額には気を付けた方が良いでしょう。余り多くのお金を使ってしまえば、それだけ生活資金を圧迫してしまいかねません。1ヶ月に使う金額の上限などを決めて、課金アイテムの購入の計画を立てる方が良いですね。
ところでスマホゲームの課金額は、年齢との関係性が見られます。年齢が低めな方々は、ちょっと注意を要するのです。
例えばお子様がそのモバイルツールのゲームに没頭しているとしましょう。それで知らない間に、かなり多くの課金が生じている事があるのです。子供がプレイしていたゲームの課金額で、ご両親が仰天しているケースもたまに見られます。
ですので最近のスマホゲームは、ちょっと年齢確認も必要になってきていますね。一定以下の年齢の方は、課金できる金額の上限が生じるのです。現に私がプレイしているゲームの場合も、18歳未満の方々は余り多くの有料アイテムを購入できない仕組みになっています。
このようにスマホゲームは、年齢との密接な関連性が見られる訳ですね。


中年男性も通勤途中にスマホゲームします

スマートフォンのゲームについての話題です。
近年までは歩きスマホの代表のように扱われていたスマートフォンのゲームですが、最近ではユーザーが急激に増えています。やはりスマホは常に持ち歩き、すぐ取り出せるようにしているためでしょうか、スマホで時間を潰すのが、通勤時間中などはもっとも効率的なのかもしれません。
以前は中年男性が通勤電車でスマホのゲームなどをしていると、白い目で見られたものですが、最近では本を読んでいる人のほうが少ないくらいです。
気になって、他の人たちがどんなスマホゲームをしているのか観察してみました。
首都圏の地獄のような通勤電車の中でも、嬉しそうにスマホゲームをやっている人たちがいます。
ゲームをしていると、脳からエンドルフィンが出るのかもしれません。それなら、仕事前に通勤で疲れ切ってしまうこともないかもしれません。考えもつかなかった効用です。
さすがに他人のスマホを覗き込むことは出来ないので、見えてしまったものだけで判断すると、中年男性はスマホで将棋ゲームや麻雀ゲームをやっている人が多いようです。
昨日の帰り道でバスに乗ったのですが、前の席の中年男性は一人が将棋ゲーム、もう一人が麻雀ゲームでした。かなり集中してプレイしているようで、乗り過ごしてしまうのではないかと、他人の私がハラハラするほどです。
これならきつい通勤も快適に過ごせるのでしょう。
無料で遊べるゲームが多いのも助かります。
首都圏のラッシュアワーですと、片足が電車の床に着かないほどの込み具合ですので、片手で操作できるスマホゲームは時間つぶしに最適です。
考えてみたのですが、毎日通勤電車の中でスマホゲームの将棋をプレイしていたら、ものすごく上達するのではないでしょうか。通勤時間にもよりますが、人によっては往復3時間も毎日将棋をすることになるわけです。アマの段位を取るのも楽勝でしょう。
これから通勤時間は将棋の練習時間にしようかな、と思っています。


どのような年代層の方がスマホゲームに興味を持ってきているか

スマートフォンには、様々なアプリがあります。ビジネス向けのアプリもあれば、ゲームのアプリなど様々なのですね。
ところでここ最近では、スマホゲームのアプリ利用率に関する変化が生じてきています。結論から申し上げると、高い年代層の方々と、35歳以上の年代層の方が、そのゲームをプレイする事が多くなってきているのです。
そもそもスマホのアプリには、利用率という概念があります。前述のように様々な種類のアプリがある訳ですが、ゲームのアプリの場合はその率が比較的高めなのですね。
現時点では、ほとんどの年代層の方々がアプリを利用する時、52%以上はゲームのタイプを用いているのです。つまり1日1時間ほどアプリを使うのであれば、その中の30分以上はゲームでプレイをしている事になります。かなりの数字ですね。
そしてその数値は、年代層によって違いがあるのです。まず一番数値が高いのが、年齢が若い方々ですね。15歳から24歳までの方などは、総じてゲームアプリの利用率は70%を超えています。
それに対して20代や30代などの方の場合、その利用率は比較的低めな傾向があります。20代の方は60%台にとどまっている事が多いですし、30代以上ともなると50%以上にとどまっているのです。
ところがその利用率は、ここ最近変化してきています。まず20代の男性の場合、数年前に比べるとパーセンテージが5ほどアップしているのですね。数年前はゲームアプリの利用率は60%台でしたが、最近では70%以上になっているのです。
また高めな年代層におけるアプリの利用率の上昇傾向が、最近目立ちます。30代から50代までの男性の場合は、数年前に比べるとスマホゲームのアプリ利用率が5%近く伸びているのですね。
つまり若い年齢の方々と、ミドル以上の年齢の方々は、最近はスマホゲームに興味を持っている事が多いのでしょう。特に男性の間で、その傾向が顕著なようです。しばらくの間は、その傾向が継続するのではないかと見込まれています。


マイクラPEやり始めると止まらない!!

スマートフォンのゲームってとてもおもしろいし、はまっちゃいますよね。でもやっぱり人それぞれ好みはあるので、人によってこのゲームは大ハマリ!このゲームはすぐ飽きたなっていうのがありますよね。そんななか多くの人がはまっていて、ゲーム実況動画も多数投稿されているのがマインクラフトです。パソコン版や小型ゲーム機版などもありますが、スマホアプリとしても販売されています。これがやり始めるととまらなくて!なんといってもできることが無限すぎて、時間があっという間に過ぎ去ってしまうのです。サバイバルモードで敵と戦ったり、農作してみたり、鉱山を冒険してみたり、友達とマルチプレイしてみたり、どこをとっても楽しめるゲームです。何度もアップデートを重ね、レベルアップしていくこのゲームには、中毒者がどんどん増えています。クリエイティブモードでは、かなりレベルの高い建築物を作ることができます。実在する建物やテーマパークを真似てそっくりに作り上げることもできるので、世界中の観光地を疑似体験することもできます。またスマートフォンのアプリなのでいつでも手軽に遊べて、コツコツと地道な作業から、壮大なフィールドを作り出すことができてワクワクしますね。電車やバスなどの通勤通学の移動時間には、スマートフォンアプリが暇つぶしの強いお供です。熱中している間に目的地に到着します。いつでもどこでも遊べるのがスマホゲームの特権ですから、マインクラフトPEはぴったりのゲームです。大きな街が出来上がっていくさまは圧巻です。素敵な街が完成した暁には、感動さえ覚えることでしょう。人に見せびらかして、自慢してみたくなりますね。友達に自分の作ったフィールドを遊んでもらって「おもしろい!」と言ってもらえるとすごくうれしいですね。ぜひぜひオススメしたいアプリです。熱中注意!中毒になること間違いなしです。思う存分元をとれる、楽しめるゲームアプリです。


ソーシャルゲームは全てスマートフォンにきたらいいのに

スマートフォンのゲームについてですが、私思うことがあるんです。パソコンでプレイすることのできるソーシャルゲームは全てスマートフォンでプレイ出来るようにしたらいいいのに…って。
というのも、スマートフォンというのは今や立派なゲームハードとなりました。プレイステーションやXboxといったゲーム専用のハードよりも、高性能なパソコンよりも、ゲームのハードとして企業から人気があるといえるでしょう。
その背景としてはスマートフォンユーザーが、ソーシャルゲームユーザーが最もお金を落とすといったことがあるのでしょうが、今日はそのことについては触れないでいきたいと思います。
パソコンでプレイすることのできるソーシャルゲームはたくさんあります。パソコンでできるソーシャルゲームとしてはいまや最もメジャーになったといえる艦隊これくしょん、通称艦これを筆頭に同じメーカーが公開している刀剣乱舞と呼ばれるもの、また戦国オンラインというものもありますよね。
私が思うのはそういったゲームを全てスマートフォンにもってくればユーザーも企業も得をするのではないかということです。企業がソーシャルゲームを公開し、運営するのは全てお金のためであるといってよいでしょう。殆どのユーザーから嫌われているにも関わらず、どのゲームにもガチャガチャと呼ばれるランダムドロップシステムがあるのは、恐らくそのためであるといえます。そしてお金を集めるにあたって、いまやスマートフォン以上に効率よく集めることの出来るハードは存在しないのです。
企業としてはスマートフォン上でプレイできるようにする理由としては十分です。
またプレイヤーとしてはスマートフォン上でプレイできて悪いことは一つもありません。なぜならスマートフォンが最もゲームをプレイするのに適したハードだからです。ドコにいても、どんな体勢でもプレイすることが出来るというのはプレイヤーにとっては理想なのです。


1 2