愛くるしいご当地キャラがキャッチーです。

スマートフォンゲームの「天下統一スマッシュ」は、スマホゲーム界に新風を吹き込んだかもしれませんね。だって、このゲームのキャラクターというと、日本にある47都道府県を擬人化したもの。北海道や東京、京都、沖縄といった都道府県をキャラクターとして操作できるゲームなんです。日本人ならば郷土愛をくすぐられずにはいられないゲームです。

ゲームのコンセプトは単純明快。ずばり、県vs県です。自分が好きな県を選んで、他県とバトルして、全国NO1の県を目指すのです。バトルは主に集団戦となりますが、ややこしいところはありません。スマートフォンのゲームをやり慣れていない人でも十分に親しめるものだと思います。本当に簡単ですから、他のゲームによくあるような面倒くさいチュートリアルを経る必要もありませんよ。気軽に始められると思います。

都道府県を擬人化したキャラクターデザインは秀逸です。それぞれの都道府県の特徴をよく掴んでいるデザインだと思います。例えば、広島県なら「広島風お好み焼きちゃん」、群馬県なら「富岡製糸場さん」、長崎県なら「天草四郎」、島根県なら「ヤマタノオロチ」といったふうに、各県の象徴的な歴史的人物や歴史遺産、郷土料理をキャラクター化しているのです。こういうおふざけは茶目っ気があって私は好きです。それに、ちょっとした教育的効果もあるのではないでしょうか?日本各地の偉人や名物の知識を得ることは決して悪いことではありませんよね。このゲームをきっかけに、岩手県のキャラである「宮沢賢治」の小説を読むようになる子供もいるかもしれませんし、愛知の「ひつまぶしちゃん」の愛くるしい容姿に惚れ込んで名古屋に旅行に出かけてしまう人もいるかもしれません。いわば、ゲームから逆照射して現実に興味を持つようになるかもしれないということです。これまでスマートフォンのゲームは仮想世界を舞台にするものが多かったのですが、「天下統一スマッシュ」は現実の日本を舞台に据えているのがとても良いなと思います。このゲームをきっかけとして、日本という国に興味を持ってくれる子供が増えるといいですね。