美少女ゲーム誌の企画がゲームになった

ラブライブが好きな男の人が増えているとは聞いていましたけど、まさかここまでとは思ってもいませんでした。まぁ無料で遊べるゲームですから、それなりの人数にはなると思いますが、他と比較してもかなりの差が開いているのです。

これは元々はG’sマガジンという月刊の美少女ゲーム系雑誌の企画で生まれたらしいです。昔からこの雑誌ではそういう企画みたいなのを出していた印象があるんですけど、これはそれまでの中で一番の大ヒットではないかと思います。私も昔は買っていたんですけど、最近は卒業してしまったのでご無沙汰していたのですが、いつの間にやら大きな動きが起きていたようですね。

キャラの造形なんかを見てみると、全体的に似ているなぁという感じがします。これは同じ人が描いているのもありますが、近頃のアイドルなんかも影響していると思います。今時のアイドルは皆同じ様な感じの服を着る事が多いですよね。なので、差別化するのが難しいのだと思います。ただ、その割にはキャラの描き分けはできているので人気が出るのも当然だろうなという感じです。

その中で東條希はスタイルもバツグンという感じなので、個人的には好みです。スマホゲームのラブライブのサイトを見てみると水着の画像が見つからなかったので、ハッキリとした事は言えないのですが、制服姿を見る限りではそういう印象を受けました。美少女が登場するゲームでは昔からそうですけど、色々なタイプの女の子を取りそろえておいた方が良いんですよね。やっぱり人によって好みの差が大きいですから、制作サイドがこれが良いと言っても、受け手が同じ様に感じてくれるとは限らないので。

ゲーム的には、タイミング良く押すというリズム系となります。アイドル育成が主要な目的ですから、これは必然的な流れかと思います。ラブライブはスマホだけでなくあらゆる分野に展開しているので、そちらの方も合わせて楽しんで頂ければなと思います。