パズドラでチートを利用している人は損をしている!

ゲームにおいて、チートというずるい行為を行う人はチーターと呼ばれています。私はこのチーターのことをかわいそうだと思っています。チーターという存在はそうでない人から非常に嫌われます。普通のプレイヤーが苦労して集めたアイテムをチーターは一瞬で集めてしまうわけですから当然であるといえるでしょう。誰だって自分の苦労を馬鹿にされたら悲しいに決まっていますからね。私がこのチーターに関してどうしてかわいそうといって感情を抱くのか、それは後で説明致しましょう。
さて、このチーターですが、今大人気のスマートフォンのゲーム、パズルアンドドラゴンズ(以下パズドラ)にも大量に沸いています。今の世の中はとても便利になり、インターネットがとても発達しました。そのせいもあってかチート方法が一つ出るとそれがネット上で拡散し、誰でも利用できるような状態が作られてしまうわけです。無論、運営もチーターの駆除には全力を尽くしていますが、それでも穴を抜けるようにして新たなチーターがわらわらと沸いて出てくるのです。
パズドラにおいてのチーターは主にレアモンスターのドロップ率の変換にあります。通常レアモンスターは試行回数を増やさなければドロップしないのですが、チートによって数値を変更することで、一回という試行回数でドロップさせることが出来るのです。
パズドラというゲームにおいて、モンスターのドロップというのは最も楽しいところでもあり、最も辛いところでもあります。パズドラのゲームの喜怒哀楽が全て詰まっているといっても過言ではないシステムといってよいでしょう。
もう勘付いた方もいるかと思われますが、チーターはこの最も楽しく、最も辛い部分を無味無臭のものへと変換してしまっているわけです。そんなことをしていたらゲームがつまらなくなっても仕方が無いといえるでしょう。私はチートというものは良くも悪くもそのゲームへの熱を冷めさせるものだと思っています。
ゲームを楽しみたいのであれば、使用しないほうがよいでしょう。


天下統一スマッシュはすっきりとします

天下統一スマッシュはとてもすっきりとするゲームであるとして人々のあいだから絶賛を浴びております。天下統一というのは信長とかの夢でありました。もちろん、敗れていった人々もけっこういたわけで、武田信玄やらの名前を挙げておけば十分なのではないでしょうか。
こういう戦国の英雄の名前は聞いただけでちょっとうれしい気持ちになるのではないでしょうか。江戸時代などはほとんど歴史らしきものが無いと言ってもいいでしょう。明治からの歴史はちょっと好きになれないですし、そういうことですと、戦国時代というのは楽しめる数少ない時代ということになるのではないでしょうか。
もちろん幕末ものというのもありますが、この「明治維新」と言いますのも近ごろでは、ちょっと胡散臭いものであったという声がもっぱらであります。たしかに、胡散臭いというのはその通りであり、例えばフランス革命のような素晴らしさと言うのがどこかの局面であったのかと言いますと、ちょっと疑わしいとしか言いようがないのではないでしょうか。
この点、やはり、天下統一スマッシュは戦国的な要素が入っておりますから、それゆえに楽しめると言っていいでしょう。天下統一スマッシュは、もちろん、戦国など全く知らなくても楽しむことができます。そういう人の方がむしろ現在では多いのかもしれません。大河ドラマとかを見ている人はそんなにいないのかもしれません。
もちろん、大河ドラマなど見てもそんなに歴史の勉強にはならないと言っていいでしょう。しかし、大河ドラマがここまで見られないというのもちょっと悲しいものがあると言っていいのではないでしょうか。ですから、そんなものは見なくても、こういうゲームだけはプレイしてほしいものです。やはり歴史上の人物が身近になるというのはとても素敵なことではないかと思われるからです。歴史というのはやはり学ぶべきなのではないかというのが私の感想なので、書き留めておきたいです。


1 2 3 4 5